人生で初めてナンパをした日のこと

ナンパデビュー

どうもカズヤです。

4月26日の夜、人生で初めて
ストリートナンパをしました。

今回はその話をします。

まず、夜の21時にストナンを
一緒にする仲間と梅田のサイゼリヤで
合流しました。

お酒でも入らないと
ナンパする勇気も出ないので、
ささやかながらワインのボトルを
2人で空け

「よし!やってやるぞ!」

と意気込んでナンパを
スタートしました。

しかし、サイゼリヤでワインを空けても
まだまだ酔いが足りず、
近くのセブンイレブンでお互いに
ZIMAとSMINOFFを買って再度酒を注入。

ゴクッとビンを飲み干して、
まず向かったナンパスポットは
HEP前です。

ナンパは、1次会が終わって
暇をしている女性や、

駅に向かって歩く帰宅途中の女性、

また終電を逃して
行き場を失くしている女性に
声をかけると成功しやすいそうです。

なので、まずは駅に向かって歩く
帰宅モードの女性が多いHEP前で
ナンパをすることにしました。

「ジャンケンで負けた方が
先に声かけをしよう!」

ということで、さっそくジャンケン。

ジャンケンポンッ…。

「よし!俺から行ってくるわ!」

と、見事に負けた僕が
先陣を切って声掛けにいくことに!

駅に向かった歩いていく女性に

「もう帰るの?
これから二人で飲みにいかない?」

と次々に声をかけ。。。

といったのは僕の妄想。

結局30分間道行く人に
声をかけることができない
いわゆる地蔵というものになっていました。

それを見かねた友人が

「全然やん!俺がいくわ!」

と、急遽選手交代。

そして友人は

「こんばんわ!もう帰るの?」

と声をかけ・・・

と思いましたが、
友人もこれまた地蔵。

せっかくサイゼでお酒も飲んだのに
いい年をした男二人が梅田の真ん中で
2時間くらい何もせずに
立ち尽くすという悲惨な結果に。。

「俺らに失うものなんて何もない!」

「自信がないとか、
そもそもやったことのないことなのに
成功するわけない!

自信ないとかあるとか
その発想の時点で傲慢な野郎だ!」

とお互いに励ましあっていました。

そして、24時を過ぎて成果が
でなかったらクラブナンパに
変えようという話に至りました。

そして、23時頃、
未だに声をかけられない僕らは
梅田のあちこちの場所を回りました。

そして、曽根崎で居酒屋の
キャッチをしているお兄さんに
思い切ってナンパの極意について
質問しました。

「すみません。。ナンパって
どうやったら上手くいきますか。。
声をかける勇気がでなくて。。」

「お兄さんたち見るからに
自信なさそうやもん、
そら上手くいかんわ。

とりあえず酒入れて自信満々に
話しかけにいくことやで。。」

とアドバイスをいただきました。

めちゃくちゃ上から目線の
舐められた感じでアドバイスを受けて
とてもオスとして悔しい気持ちに
なりました、

なんならこのキャッチの
お兄さん年下だと思うし。

で、僕と友達に再度火が付きました。

「何がなんでも声をかけてやる!!
クラブナンパは逃げだ!!
俺らはストリートナンパをしに来たんだ!!」

そして、そのキャッチのお兄さんから
とあるナンパの成功率が高いスポットを
教わりました。

それは、クラブ前です。

なぜクラブ前は
ナンパの成功率が高いかというと

・クラブには二次会や三次会など
すでに酒が入った状態の女性が集まりやすい

・終電を失くしてクラブで
始発まで時間をつぶす人もいる

・そもそもクラブにナンパを
されにいく女性もいる

という、ざっとこんな感じの理由です。

24時までにストリートナンパを
なんとか成功させないといけない僕と
友達はそこに向かいました。

そして、一人だと勇気がでないので
二人で声をかけにいくことに。

二人組の良い感じに酔った女性を
探すことにしました。

そして、なんとクラブ前に
いるではないですか!!

お酒でいい感じに仕上がった
女性二人組が!!

もうこの二人組に話しかけなければ
ムスコを切って今すぐ男を
辞めたほうがいい!

そんな意気込みはさておき、
友達とアイコンタクトをとり
声掛けにいきました。

「こんばんわ!これからどこいくの?」

「今からクラブいこうと思って。
だいぶ酔ったし終電もなくなったから。」

「え、でも今からそんな状態でクラブ行ったら、
クラブ慣れしてる悪い男たちに
お酒飲まされてホテル連れて
いかれるかもしれないよ!」

「いうてお兄さんたちもナンパやん。」

「まあまあ。俺らも暇してて
今から飲みにいこうと思うんだけど、
一緒に飲みに行こうよ!

終電ないんでしょ?
クラブに行くより俺らと飲んだ方が
安全だし楽しいよ!」

「うーん、それならいっか。」

という感じで、なんと連れ出しに
成功もしました!!!

これにはめちゃくちゃ
感動を覚えました。

ストリートナンパ初心者の僕が
なんと勇気を出した始めての声かけで
連れ出しに成功できるなんて。。。

友達と女の子2人組と『HUB』という
立ち飲みBARに連れ出しました。

理由は、一対一のペアを作って
引き離せるからです、
なかなか戦略的ですよね(笑)

で、僕はNちゃんという女の子と
仲良くなりました。

年齢は僕の一つ下で就活生とのこと。

色々話しているうちに彼女が
”その気”になってきて、店内とは思えないほど
激しくキスをしてました。

そしてなんやかんやで1時半になり、
その店も閉店の時間。

「この後どうする?終電もないでしょ?
ホテル行く?」

と聞くと

「うん。」

とあっさりOK。

そしてそのままホテルに二人で
仲良く行きました。

これが、僕の
ナンパデビューの日の全てです。

声掛け➡居酒屋➡ホテル

という黄金の流れをなんと
人生で初めてのナンパ、
初めての声かけで成功させました。

次の僕の課題は地蔵なので、
とにかく日々ナンパのスキルを
磨くしかないですね。。

では、今回の報告は以上です。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2018年の4月末から、営業を鍛えるために本格的にナンパの修行を始める。女性とのコミュニケーションスキルを高めることを通じて、一生ものの対人間関係スキルを身に付けるために日々修行中。